スピードラーニングの聞き取りへの効果

聞き流しでは聞き取りの上達はどこまで達成されるのか

聞き流すだけのスピードラーニングを使うことで、英語はどの程度聞き取れるようになるのだろうか。

 

筆者は聞き流しのリスニングへの効果は大いに期待できると考えている。

 

単純にだが、スピードラーニングを聞き流していれば、その聞き流した時間と比例をして英語の音が耳に入ってくるようになるはずだ。

 

やはり英語は「慣れ」というものが非常に重要だ。

 

英語を耳にしている時間を積み上げれば、それが英語への慣れになり、だんだんと英語が耳にしっかりと入ってくる、残るようになってくる。

 

結果、リスニングが上達するのだ。

 

だが、やはりこのような「慣れ」を手に入れるのは一朝一夕でできることではない。

 

時間にすれば相当な時間がかかると考える方が妥当だろう。

 

特に日本で生活をするわれわれにとってはだ。

 

英語の音を聞くが、普段の生活の中では常に日本語を耳にしている。

 

つまりは英語と日本語が入れ乱れる環境にあり、特にその中でも英語と日本語を耳にする比率が大切だと感じる。

 

日本で生活をする限り、1日8時間程度は日本語だけを耳にする環境にいるはずだ。

 

その中でたった5分間英語を聞いたところで、日本語優勢の耳の状態であることに変わりはなく、決してリスニングが劇的に上達することはないだろう。

 

やはり、1日30分、1時間、可能であれば通勤時間やスキマ時間を活用して2時間、3時間と時間を積み上げて、英語優勢の耳の状態を作っていくことだ。

 

そうすればいわゆる英語耳はだんだんと育っていく、英語が聞き取れるようになっていくものだ。

 

時間がかかる、これは事実だ。

 

しかし、スピードラーニングのように聞き流しの学習形態であれば実現が不可能な数字ではない。

 

やる気さえあれば必ず達成できる数字だ。

 

だが、ここで大切なことを1つ挙げたい。

 

それは「ただ聞き流していればOK」なのか、それとも「しっかりと聞く必要があるのか」ということだ。

 

スピードラーニングの公式サイトには「ただ聞き流していればOK」と書かれているが、筆者はより高い効果を求めるのならば「しっかりと聞くこと」をおすすめしたい。

 

これについても例え話になるが、ただただ惰性で野球の素振りをしている人と、フォームを意識して1回1回しっかりと素振りをしている人では、確実に後者の方が身になることが多いと思うからだ。

 

英語についてもこれと同じで、ただ聞き流すことにも効果はあるが、やはりしっかりと聞いた方が効果は高いものだ。

 

スピードラーニングが提唱している学習方法と反するものではあるが、筆者はテキストを見ながら、英語の音にしっかりと耳を傾けすべてを聞き取るつもりでのリスニングが重要だと考えている。

 

これ自体にも効果はあるし、これによって聞き流しにさらなる効果が期待できるようにもなる。

 

実際にやってみれば実感できるが、一度しっかりと聞いて理解したものを聞き流してみると、聞き流しの感度が抜群に良くなるからだ。

 

これをやらない手はない。

 

スピードラーニングを聞き流すことだけでもリスニングには効果があるが、しっかり聞くという学習方法を同時に取り入れることでその効果はより高くなる。

 

ただの聞き流しでは達成されなかったリスニングの力まで必ず達成することができるようになる。

 

騙されたと思ってぜひ一度これをやってみてほしい。

 

これこそ筆者が考える、王道的でもっとも効果的なリスニングの学習方法だ。

 

 

スピードラーニング画像2