スピードラーニングのラジオCMの生島ヒロシ

生島ヒロシのスピードラーニングのラジオCMが期待ハズレ

今現在はどうかは分からないが、生島ヒロシがスピードラーニングの広告宣伝に登場している。

 

生島ヒロシは海外への留学経験があり、それによって英語が話せるため、スピードラーニングとは相性がいいわけだ。

 

生島ヒロシは、英語力を自身の長所としていて、いろいろな場面で自身の英語力を披露している。

 

YouTubeで「スピードラーニング 生島ヒロシ」と検索をしてみると、彼が自慢気に英語を話している動画が見れるはずだ。

 

(契約の打ち切りなどの問題もあるため、今現在もこの動画が存在しているかは定かではない)

 

そんな彼の気持ちも分からないことはない。

 

筆者もそうだが、英語が話せる人間というのは概して英語を話せるところを見せたいものだからだ。

 

個人的な意見として、生島ヒロシは決して英語を特段上手に話すというわけではないが、堂々と英語を話す様子を見るところ、英語が自然と話せるレベルの人なのだなと感じる。

 

このサイトで少し言及したが、スピードラーニングの開発経緯は開発者の大谷登氏が英語の後に日本語訳を吹き込んだテープを聞き流していたところ、英語が話せるようになったということが元になっている。

 

しかしながら、肝心の大谷登氏が英語を話す様子が公式サイトやスピードラーニングのYouTubeチャンネル上などでは公開されていないため、聞き流したことでどの程度の英語が話せるようになったのかは不明である。

 

大谷登氏が英語を話す様子を見てみたい、だが見れることがない、このようなもどかしさが筆者の中にはあったのだが、このもどかしさが晴れる瞬間が訪れたかのようにも思われた。

 

それはスピードラーニングのラジオCMで、開発者の大谷登氏と生島ヒロシが対談するシーンがあったからだ。

 

「いつもの生島ヒロシなら必ず英語を話してくれるはずだ。そうすれば、それに受け答えする大谷登氏の英語が聞けるはずだ。」

 

このような期待を胸にラジオCMに耳を傾けたのだが、最後まで日本語でスピードラーニングの魅力を語り合うというものだった。

 

そして、最後まで大谷登氏の英語を聞くことができなかったのだ。

 

いつもは英語を披露してくれる生島ヒロシがなぜ英語を披露してくれなかったのか、少し不可解な面もあったが、そのラジオCM自体はしっかりとしたものでまとまっていたからそういうものだったのだと思う。

 

普段あまりラジオを聞くことがない筆者はこのようにいつも偶然、大谷登氏が英語を話す様子を見逃しているのもかもしれない。

 

だが、筆者を含め多くの人が望んでいるのは、生島ヒロシと開発者の大谷登氏の英語での対談だ。

 

これはぜひ見てみたい。

 

一方的に話すスピーチ的な英語よりも、会話がもっともその人の英語力が出ると筆者は感じているからだ。

 

ちなみに生島ヒロシがスピードラーニングを推す理由は、英語をたくさん聞いておいた方がよいということに要約される。

 

彼自身が過去に留学して、現地で英語をたくさん聞いておいたことが英語の上達に大きくつながったのだろう。

 

たしかにこれは英語の基礎を作るという面で非常に重要なことである。

 

筆者も賛成だ。

 

もちろん、そこから英語が話せるようになるためには長い道のりがあり、生島ヒロシもそれを乗り越えてきたわけだが、千里の道も一歩からだ。

 

焦らずじっくりと英語を聞きだめして基礎を盤石にすれば、いつかその上に大きな花が咲くだろう。

 

そのプロセスとしてスピードラーニングの聞き流しは生島ヒロシが言うとおり、有効だろう。

 

 

スピードラーニング画像10